SKH Paper

SONY DSC

職人による手漉き和紙、落水紙

SKH Paper

沿革

1945年 You Hsien-Pang氏が日本で手漉き和紙の技法を学び修行した後KHPを設立

1964年 最初の手漉き和紙工房SKHを台湾に設立

1973年 台北に事務所を開設

1991年 廃棄物管理において優良工場に認定

1992年 汚染制御部門において優良工場に認定

1994年 規模拡大に伴い工場の拡張

2001年 ISO9002を取得

SONY DSC

手漉き和紙の原料となる楮

SONY DSC

脱色後のパルプ

SONY DSC

手漉きの工程

脱色したパルプをラインで各職人のラインに流します。

最低でも半年間は修行期間の為、手漉き部門で働くことができません。

SONY DSC

漉られた和紙 一人の職人で1日約500枚ほど

SONY DSC

約80℃の鉄板で1枚ずつ急速に乾燥させます

 

日本古来の伝統技法が海外のデザイナーとの融合によって新たな価値を見出す。

SKHで作られる商品は手漉き和紙、落水紙などその高いクオリティにより使用用途は多岐にわたります。

Owletでは落水紙を中心にアート商材として取り扱っております。

SKHの商品はコチラ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中